【インタビュー】指先の毛細血管を映し出し、健康状態をチェックできる 血管美人 とは!?(3)

〜「血管美人」第3部 実際に毛細血管を測定してみた〜

これまで2回にわたり、 血管美人 について記事を書いてきた。

最終の第3回では、実際にインタビュアーが血管美人を利用して毛細血管を撮影してみた様子をレポートしたい。

 

実際に毛細血管を撮影してみた。

 

武野:せっかくなので、撮影してみますか?

 

M、Ugo:ぜひ、お願いします!!

 

 

手に専用のオイルを塗り、「血管美人」の光にかざす。

 

 

実際の画像がこんな感じ。

 

 

性別と年齢を元に、取り込んだデータから画像の「血管合計長」「評価点」「信頼度」といった情報を確認することができる。

 

 

ちなみに、筆者は71点であった。

武野さんによると、なかなかの高得点のようである。

もう一度画像をよく見て欲しい。毛細血管はまっすぐ伸びているのだが、血管同士の間隔が等間隔ではないことがわかるだろう。

 

武野:以前、スポーツとかしてた?けど最近してない?

 

M:はい、確かにその通りです。数年前までサッカーをやってましたが最近は全然運動すらできていないです。なぜわかったんですか?

 

武野:毛細血管の間隔が等間隔じゃないのは、その間に以前は血管があったという場合が多くて運動しなくなると毛細血管が減るという事がわかってきており、ラットでの研究論文があります。

(※狩野豊(1997).トレーニングが筋組織の毛細血管数とその内腔形態に及ぼす影響 筑波大学博士 (体育科学) 学位論文(甲第1746号))

 

M:・・・・運動・・・・します。。。(恐るべし、血管美人)

 

そういうわけで、全3回にわたり「血管美人」についてお伝えしてきた。

今後ビジネスがさらに拡大し、近い将来、皆さんもご覧になるかもしれない。

その時にはぜひ、まっすぐ伸びた等間隔な血管を映し出せていることを願ってやまない。

 

なお、あっと株式会社では人材募集も行っている。

参考:https://www.wantedly.com/projects/93943

 

関連記事↓↓

【インタビュー】指先の毛細血管を映し出し、健康状態をチェックできる血管美人とは!?(1)

 

【インタビュー】指先の毛細血管を映し出し、健康状態をチェックできる血管美人とは!?(2)

 

では!!

Facebookページへのイイねもお願いします!(ライターのモチベーションが上がります!!!)

 

あなたはおそらくそれも好きでしょう 著者からの投稿