HealthTech(ヘルステック)とは

最近よく耳にする「ヘルステック」というワード・・・

あなたもこのサイトを見ているということは
ヘルステックに関心を寄せているのではないでしょうか。

本サイトではヘルステック分野における技術革新やスタートアップの事例をご紹介していきます。

今回は、まず最初に「ヘルステックとは」ということでヘルステックについて解説をしていこうと思います。

ヘルステックとは、医療×テクノロジー(技術革新)を短縮して「ヘルステック」と呼ばれています。

〜ヘルステックの市場規模・ヘルステックとは〜

ヘルステックの市場規模は2015年10月時点で米国にておよそ5000億円です。日本ではその200分の1の市場規模となっており、米国との大きな差が見受けられます。

実際にベンチャーキャピタルから出資を受けた企業数を比較してみても米国の「800社超」、に対し日本では「50〜60社」というのが現状です。

このように現時点で日本と欧米で発達に大きな差があり、日本も今後ヘルステック分野を活性化することが課題として挙げられます。こうした格差が生じる要員として「医療保険制度の構成の違い」や「制度の違いに伴う医療費のGDP比」、肥満率などといった環境要因が大きく影響していくことが予測されます。

ではヘルステックとはたとえばどういうものが挙げられるのでしょうか?

例えば、ウェアラブル端末により、自らの運動量やそれに伴い生じる心拍数の変化などを測定し、手軽に健康管理ができるサービスもあれば、病院のオンライン検索・予約を提供するアプリケーションなど形は様々です。

日本でも生活習慣病の広まりによる「健康意識の向上」が起き、健康ブームが生じています。また、少子高齢化などで医療の提供体制も変わってくる必要があります。こうした背景もあるため日本でも今後ヘルステックが流行していくのではないでしょうか?